車の査定のチェックポイントは、以下の通りです。 ・車の状態 ・走行距離 ・年式 ・グレード ・ボディカラー ・修復歴 まず、当たり前ですが、車の状態は査定において非常に重要なポイントとなります。 故障箇所がある場合や目立つような大きなヘコミ・傷がある場合は、大幅な減額となってしまうでしょう。 走行距離は基本的に、少なければ少ないほど、評価が高いと思ってください。 平均的な走行距離が1年で1万キロといわれているので、新車で購入して5年経っている場合なら、3万キロや4万キロだと高く評価されます。 年式は新しければ新しいほど査定額が高くなりますし、グレードも上になるほど査定額がアップするでしょう。 ボディカラーも査定でチェックされるポイントで、無難な白やシルバー、黒などが人気です。 そして、修復歴の有無も査定において重要なチェックポイントとなります。 車の骨格部分を修理したり、交換したことがある車は、非常に評価が低いです。 しかし、だからといって、そのことを隠してもすぐにバレてしまうので、正直に伝えるようにしてください。